何とか、もうひと踏ん張り - ニュースの森林24

何とか、もうひと踏ん張り

桑田さんに声援を送りたいですね。
開幕の投手枠に入る希望もありましたよね。
巨人の時も苦しい時がありましたが
くさらずにがんばり通し,メジャーの夢を果たしました。
桑田さんのもうひと踏ん張り応援します!!




<桑田真澄>「終わったかな」負傷時の心境明かす
3月29日9時57分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000024-mai-spo


 【ブラデントン(米フロリダ州)高橋秀明】米大リーグ、パイレーツのキャンプに、マイナー契約の招待選手として参加している元巨人の桑田真澄投手(38)は28日、試合中の右足首ねんざで病院へ運ばれた後、初めて報道陣の取材に応じた。桑田は26日にけがを負った瞬間の心境を「終わったかな、という気持ちがあった」と話し、メジャー挑戦を断念することが頭をよぎったことを明かした。
 桑田は今後、マイナー選手の身分のままでリハビリを続けた後、傘下の3Aでメジャー昇格を目指すことになった。
 桑田の一問一答は次の通り。
 ――右足首を負傷した直後は、どんな思いだったか。
 足首の感覚がなかった。(足首が)なくなったかと思った。自分で足首を戻そうと思っても戻らなかった。「もう終わったかな」という気持ちがあった。手術が必要だと3、4カ月かかる。そうすると、(1年契約の)今年が終わってしまうから、検査が済むまで不安だった。
 ――投球開始まで4〜6週間と診断されたが。
 骨に異状はない。筋肉とじん帯も手術の必要がないと分かった。今日から練習を再開した。少しキャッチボールもしたし、明日からもできる限り練習したい。
 ――痛みはどの程度か。
 痛くて、なかなか歩けない。体重がかけられない。
 ――ブラデントンでリハビリ後、インディアナポリスの3Aに移るということだが。
 こちら(ブラデントン)の方が暖かいので、回復が早いだろうということでそうなった。人生は選択の連続。実戦感覚から離れてしまうので、こっちでも何回か投げたい。
 ――メジャー昇格が遅れることになったが。
 (昇格の)早さを競っているわけではない。自分の目標を立てたわけだから、それに向かって最善の努力をしたい。
 ――実戦復帰の見通しは。
 まだ走れないから計算できない。
 ――体のケアを入念にしてきたにもかかわらず、アクシデントに見舞われた。
 野球も人生も一緒。何が起こるか分からない。これをプラスに変えていくことが大事。何とか、もうひと踏ん張りしたい。
 ――メジャーのキャンプを振り返ってみて。
 非常に充実していた。(打者を)抑える感覚をつかめてきた。これからが楽しみ。「この投球をすれば」ということがインプットされている。
 ――三塁ベースの付近で球審と接触したことは想定外だったか。
 (ベースの)カバーに行く時は、必ずボールを見ながら塁審がどこにいるかを視界の中に入れているが、まさか後ろから(球審が)来るとは思わなかった。(当日は審判3人制で、球審が三塁上の判定をしていたが)そこまで気づかなかった。注意力が足りなかった。
 ――日本のファンに向けて。
 早く復活できるように、頑張る。それだけ。また何か、いいことがあるだろう。



きっといいことあるよ。桑田さん。


2007-03-29 13:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ニュースの森林24 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。