女子高生の文化の移り変わり - ニュースの森林24

女子高生の文化の移り変わり

女子の15歳から18歳という年齢は、

大人意識と子供意識の狭間の中で、

アンバランスな独特の文化を形成する事があります。



1960年代はスカートは膝丈に合わせるのが普通でしたが、

1970年代はモデル・ツィッギーの来日でミニスカートが一大ブームとなり

1980年代はスカートを長くする事(ロングスカート)が格好いいとということで長くなり、

1990年代では学校制服のスカート丈を改造する生徒や(ミニスカート)、

ルーズソックスを履いて登校するなどの服装の逸脱、

「チョベリグ」(超very goodの略語)などの

女子高生の言葉の乱れが注目されましたた。

2000年代に入ってからは、

ルーズソックスに加え紺色のハイソックスなどの流行や、

化粧をする女子高生も見られるようになりました。


2008-12-21 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ニュースの森林24 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。