学生服 現代の事情 - ニュースの森林24

学生服 現代の事情

学生服とは基本的には中高生向けの制服であり、

小学校や大学においても稀に用いられています。


夏季には上衣を用いず、主に白地のシャツのみとされることが多く、

ズボン・スラックスも生地が薄く通気性に優れた夏用のものがあります。

春や秋の衣替え期は

ベストやカーディガン等を温度調節に着る場合も少なくありません。



全国で詰襟学生服の採用率は2000年代中盤で

高校で約2割、中学校で約7割とのデータがある。

色は、黒色のものが圧倒的に多いですが、

学校によっては濃紺、群青色、灰色、

数こそ少ないですがが黒地にシャドーストライプの生地などが

使われる場合もあります。



主要生産地は岡山県倉敷市児島地区です。

学生服メーカーが集中し、国内生産量の7割を占めています。

コスプレ用やイベントの衣装用等として

赤や白、柄物の学生服も少数ではあるが生産されている。


タグキーワード
2008-12-19 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ニュースの森林24 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。