バレーボール植田監督 - ニュースの森林24

バレーボール植田監督



男子バレーボール五輪代表チームの、

五輪を目前にして最終の実戦がワールドリーグ。



実戦を五輪への最終調整と位置づけするならば、

これほどの好材料は無かったはずです。



しかし、植田辰哉監督は、

主催者推薦で決まったブラジルでの決勝ラウンドに

主力メンバーを遠征させることを止めました。





なぜか?

これには二つの理由があります。





このワールドリーグでは、五輪で使用される新ボールが

採用されていない事が大きな要因のひとつです。



極端な話を言えば、明日から野球のボールが、

ソフトボールくらいに大きくなると言われて、

そのボールで練習せずに試合に出れば、

ろくな結果にはなりません。



ワールドリーグの全日程が終了するのは、27日。

その後、新ボールでの練習を始めても、

五輪までに新ボールを触れる期間は、10日程度。



このビハインドは大きいです。



これは、監督や選手だけでなく、

協会だって理解しているはずなのに、

協会は、国際バレーボール連盟からの推薦出場の打診を

丸呑みして、決勝ラウンドへの出場を"勝手"に決めたのです。





そう、もうひとつの要因とは、協会の勝手な判断。



国際バレーボール連盟は、

日本の推薦理由をこう挙げています。



「日本は広範囲のテレビ放送が期待できる」



こんな理由の打診を協会は受けたわけです。

五輪目前のこの時期に。





協会本体や、バレーボールを発展させていくには、

もちろん多額の資金が必要です。



でも、この時期に新ボールでの練習よりも、

より利益の絡むワールドリーグの出場を優先させる協会。

多分、メダルを取れないと思っているのでしょうね。



協会の判断に真っ向から立ち向かう植田監督。

あなたの怒りと勇気は、日本人みんなが理解していますよ。







全日本男子が、北京五輪直前の

ワールドリーグ(WL)決勝ラウンドに

主催者推薦で進出が決まった件で、

全日本の植田辰哉監督(43)は20日、

若手中心のメンバーを派遣することを決めました。





植田監督ブラジル行かない!主力も外す!北京メダル取りへの決断

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080721-00000115-sph-spo





2008-07-21 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ニュースの森林24 All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。